花見シーズンに使う機会が増えるコンロ。

 花見客が使っていた卓上コンロのガスボンベが破裂し、6人がやけどを負う事故が起きました。花見シーズンに使う機会が増えるコンロ。どんな使い方をすると破裂の危険があるのでしょうか。製品事故の調査をしている独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)に聞きました。

人の話を聞かない、説明書を読まない、そんな方が多数。この危険は人ごとじゃない。けど、しっかり使い方を守れば大丈夫。痛い目に遭わないよう、気をつけようね。
これって大人はある程度常識って思ってるかも知れないが、毎年毎年新たに野外でこういう器具を使う人が現れることを考えれば継続的に危険性を伝えていく必要があるわな。小学生でもこんな使い方したらどうなるか分かるよ!自業自得以外なにものでもない不良で爆発したかと思ったら、こんな使い方か。大学生ならわかってると思うけどな。
常識だが、意外と知らない人は多いのかも知れない。大惨事につながる恐れもあり、さらなる周知が必要。テレビで危険な使用例として紹介されているよね。結構、怖いよ。
プロパンガスのボンベと給湯器の離隔距離が決まっているのにガスコンロではこういう決まり事はないのかな?滅多にガスコンロなんか使わないから構わないけど、怖くて使えなくなった